日本唐揚協会監修「からあげクン」に“聖地の味”が登場

2011年7月19日 17:52更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

6月に第1弾が発売されて以来、人気を博している“日本唐揚協会監修”の「からあげクン」シリーズから、ついに“聖地・中津”の味が登場! 8月16日(火)から「からあげクン中津しおダレ味」(210円)が、全国のローソン(ナチュラルローソン・ローソンSTORE100・SHOP99は除く)で発売される。

これは、唐揚げの聖地である大分県・中津市で人気の“しおダレ”で味付けした「からあげクン」。塩をベースに、ニンニクとショウガをたっぷり使ったタレに漬け込み、食べた瞬間、口の中に広がる塩味とガツンと鼻に抜けるニンニクとショウガの香りが特徴だ。

同シリーズは、6月に“宇佐しょうゆダレ味”、7月に“名古屋手羽先ダレ味”を販売。販売直後からご当地の味が気軽に楽しめることで話題となり、現在、通常の1.5倍の販売数を記録するヒット商品となっている。

“ご当地味”が楽しめる「からあげクン」第3弾。満を持して登場した“聖地の味”を、あなたも楽しんでみては?【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る