水中花火と水上花火の違いとは!?

2011年7月19日 22:23更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

水上の台船などから水中に向かって斜めに点火した花打ち込むのが「水中花火」。

対して、あらかじめ水上にセットした花火を水上で爆発させるのが「水上花火」。

花火には燃焼材が入っているので水中でも消えず、水中花火は比較的浅瀬で爆発してほぼ半円形に開く。

水上花火は水の抵抗がないためきれいな半球になって客の目を楽しませる。

有名なところでは三重県 熊野大花火大会の「海上自爆」(水上花火)、神奈川 三浦海岸納涼まつり花火大会の「水中孔雀」(水中花火)、および広島 宮島水中花火大会の「水中花火」などがある。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る