平松大阪市長も講師として参加!ついに開催「300 DOORS(ドアーズ)」初日レポート

2011年7月20日 19:55更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ワンコイン(500円)で誰でも気軽に楽しめる講座が300以上楽しめる、ワークショップフェスティバル「300 DOORS(ドアーズ)」が、7/16に初日を迎えた。

関西ウォーカーコラボ講座も企画して参加している同イベントの初日の模様を会場のひとつ、大阪市役所を訪れ、レポートしてきたぞ。

初日は、我らが関西ウォーカーの玉置泰紀編集長が講師として参加。関西ウォーカー・コラボ講座「ソーシャルメディア・ソーシャルネットワークとクリエーター」と題して、堂野智史(メビック扇町)と共同で講座を開講。今日、瞬く間に社会に浸透しているTwitterやUSTREAM、Facebookなどのソーシャルメディアを使うことでどんな人でも気軽に情報を発信し一つのメディアになる事の可能性や楽しさなどを実体験をもとにトークを展開した。「Facebookを始めた事で、今まで行く事が出来なかった同窓会にも行ける機会ができた」と玉置編集長。会場の受講者たちもTwitterでつぶやいたり、ソーシャルメディアを使い分けて情報の発信や収集を楽しみながらの講座だった。

その後、「話すということ」と題した講座では、元ニュースキャスターという経歴を持つ、大阪市長の平松邦夫氏が登場。数式では解けない日本語の響きやあたたかさ、言葉が人とコミュニケーションをとる上でどれほど大事なものであるかを自信の体験をもとに講義してくれた。これからも大阪の人間としてのふれあいを大事にしたいとも語った。「言葉を使って何かに対して論じることが大事です」という含蓄のある平松市長の言葉が印象的な講座だった。

このイベントは8/9(火)まで連日開催されるので、楽しみながらためになる講義が盛りだくさん。まだまだこれから開催される個性豊かな講師陣の講座やワークショップが満載の「300 DOORS」の内容を知りたい人はまず公式サイトや「ソーシャルネットワーク大阪(SNO)」のUSTREAM中継をチェックしよう。実際に受講したい人は当日参加もOKなので、大阪市内複数ある会場に直接出かけてワークショップに参加してみよう!

●今からでも参加できる講座がたくさん!詳しくは下記WEBから(電話受付も対応)

★☆★☆★↓「300DOORS」への参加申し込みはこちらから↓★☆★☆★

URL:http://www.iwf.jp

電話:080-3134-6755(受付時間10:00~18:00)

問合せ先:インターナショナルワークショップフェスティバル実行委員会

●USTREAM配信内容と配信URLは「SNO」公式サイトにまずはアクセス!

URL:sn-o.com

【関西ウォーカー編集部 白澤和樹】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る