如水がプロデュースする新店が安城と稲沢に登場!

2009年1月24日 1:40更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1月23日(金)、安城と稲沢にオープンした「ラーメン食堂 麺道場」。鶏ガラを使ったスッキリした味わいのスープに豚の背脂でコクと甘味を加えた、関西スタイルのラーメン(690円〜)が味わえる。中でも注目は、名古屋の超人気店「徳川町 如水」が監修したメニュー。安城店では弾力抜群の極太麺を使い、モヤシなどのトッピングをどっさり載せた「極太らーめん」(写真、850円)を提供。ボリューム自慢の一杯で、ビジュアルはまさに流行の“二郎系”を思わせる。一方、稲沢店では濃厚でクリーミーな「博多とんこつラーメン」(690円)を販売する。また屋号に「食堂」と冠するだけあり、両店ともセットメニューが充実しているので、ガッツリ食べたい人やファミリーなど幅広い層に受けそうだ。

2/3(火)発売の東海ウォーカーのニューオープンページでもこの2店を紹介するのでそちらも是非チェックを!

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る