泳ぎが苦手な人をサポート!浮力内蔵の「楽に泳げる水着」

2011年7月27日 12:56更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

健康のためのエクササイズやダイエット、体を鍛える手段として定番の“水泳”。でも、水泳はしたいけど「泳ぐのが苦手」「体力が持たない」という人も多いはず。そんな悩みを解消してくれる、浮力のある素材で作られた「楽に泳げる水着」(女性用1万5750円・男性用1万6800円)が、フットマークから発売されている。

同商品は、浮力・軽さ・保温性に優れたゴム素材“タイタニウム・アルファ”を生地に使用した水着。“タイタニウム・アルファ”はウエットスーツの生地と似た素材で、従来の水着の生地に比べて水に浮かびやすく、「楽に泳げる水着」は1.2~1.5kgの浮力を備えている。着用して泳ぐと、特に腰回りに浮力がプラスされ、泳ぎやすい姿勢の維持をサポート。息継ぎのしやすさや、体力維持の手助けなどの効果を発揮し、普段よりも快適かつ長時間の泳ぎを可能にしてくれる。

また、従来のウエットスーツの生地の厚さが3~5mmなのに比べ、「楽に泳げる水着」の厚さは、わずか1mm(胸部分は2mm)。生地を薄くすることでゴワつきがなくなり、水中でのさらなる動きやすさを実現している。

同商品の基になったのは、フットマークから約10年前に発売された「浮きうき水着」。水着内に“浮力シート”を入れるというアイテムで、泳げない人だけでなく、リハビリ用などにも広く利用されていた。そんな中、「健康の為に泳いでいる。しかし体力が持たない」というユーザーの声が多数あり、「楽に泳げる水着」の開発がスタートしたんだとか。

「この水着でフワッとした浮力感を体感していただきたいです。特に泳ぎが得意でない方にお勧めします。泳ぐ距離が伸びる事も嬉しいですが、水に浮くだけで重力から開放されたリラックス感を楽しむ事ができます」と、企画担当の坂本晶子さん。サイズは、M・L・LLの3種類で、カラーは女性用がブラックとブラック&ピンク、男性用がブラックとブラック&グレーの、それぞれ2色づつ用意している。

フットマーク直営ネットショップ「水着で元気工房うきうき屋」などで購入できる「楽に泳げる水着」。この夏、これまで泳ぎが得意じゃなかった人も、“楽な”水泳にチャレンジしてみては?【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全17枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る