テーマは夏の沖縄!発売35周年「日清焼そばU.F.O.」から“タコライス味”登場

2011年8月1日 11:50更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

今年で発売35周年を迎えた「日清焼そばU.F.O.」から、“夏の沖縄”をテーマにした“創作系U.F.O.”が登場! 「日清焼そばU.F.O.沖縄タコライス風ビッグ」(198円/159g)が、8月15日(月)から全国発売される。

タコライスとは、メキシコ料理でおなじみの“タコス”の具であるひき肉、チーズ、サルサソースなどをご飯にのせた沖縄ご当地メニュー。最近では、東京にも専門店ができるなど、全国的に人気が出ている人気商品だ。

そんなタコライスをイメージした同商品は、肉のうまみやトマトの酸味に加え、ピリッとした辛さが後を引くチリトマトソースをベースに、具材のダイスミンチと後がけのチーズふりかけで“タコライス感”を演出している。

また、同社は、U.F.O.の名前の由来である「U(うまい)F(太い)O(大きい)」になぞらえて、沖縄県読谷村にある養殖施設「さんご畑」の一画に「U(海で)F(太く)O(大きく)」育ってほしいという思いを込めて名付けた「U.F.O.サンゴの水槽」を設置。今後も、沖縄でサンゴの養殖・保護活動を行っているNPO団体「アクアプラネット」の活動を応援していくという。

発売35周年の「日清焼そばU.F.O.」から登場した夏にピッタリの“創作系U.F.O.”。気になる人はぜひチェックしてみて!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る