近畿地区限定!話題の「カップヌードルごはん」に冷凍食品版が登場

2011年8月1日 18:57更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

先日、全国発売となった話題の商品「日清カップヌードルごはん」から、袋のままチンする冷凍食品版が登場! 「冷凍 日清レンジパックスタイル カップヌードルごはん」(オープン価格/200g)が、9月1日(木)から近畿地区限定で発売されることがわかった。

これは、2010年8月に近畿地区で先行発売されて大反響を呼んだ、同社の電子レンジ専用即席カップライス「日清カップヌードルごはん」の冷凍食品版。袋のまま電子レンジで調理できる使いきりのレンジパックを採用したことで、調理時間を、今までの約5分から約3分(600W時)に短縮。すぐに食べられる“手軽さ”を実現した。

味は、スープの特徴であるローストしょうゆとペッパーを利かせ、「カップヌードル」の香ばしい味を表現。パフライスを使った「日清カップヌードルごはん」とは違い、作りたてを急速冷凍しているので、炊き立てご飯のようにふっくらとした食感が特徴となっている。また、コロ・チャー、スクランブルエッグ、ネギといったおなじみの具材に、プリプリしたエビが加わり、まるでチャーハンのような本格的な味わいに仕上がっている。

9月1日(木)から近畿地方で限定発売される同商品。現在発売されている「日清カップヌードルごはん」と食べ比べてみるのも良さそうだ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る