伊勢丹オーダーの塩ショコラも!「サロン・デュ・ショコラ」日本初出品作

2009年1月22日 17:53更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1/21(水)〜26(月)に伊勢丹新宿店で開催するチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」。世界中から一流のショコラが集う中、フランスに18人しかいないM.O.F.ショコラティエに注目が集まる。そのうちの1人、アルノー・ラエールの塩ショコラは要チェックだ。

中でも新感覚の塩ショコラ「バトンロッシェ」(100g、3675円)は、伊勢丹とのコラボで生まれた自信作だ。今回初登場となる塩ショコラはミルクチョコとビター2種類のセット。もとはコイン状だった品を、伊勢丹バイヤーのアドバイスによりバトン状になった。ゲランド塩の風味をより感じやすく生まれ変わったという。

新作であるドーム・アート2種が入った「ショコラ詰合わせ」(4個入り、1470円)も、ことしらしさを感じさせる。塩の個性をきちんと主張する味わいは、バトンロッシェとともに男性からも喜ばれそう。

今回のパティシエと現地での交渉を担当したアシスタント・バイヤー高橋さんは、アルノー・ラエールのみどころをこう見る。

「やはりオススメは塩ショコラです。どこか懐かしさを感じる味わいの中に、M.O.F.を持つ同氏の技を感じることができます。研ぎ澄まされたセンスを感じてほしいです」。

超一流のパティシエの塩ショコラを楽しめるまたとない機会。これを見のがすわけにはいかない!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る