中国武術のチャンピオンとロボット大賞のi-SOBOTが共演!

2009年1月22日 23:57更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1/24(土)、キデイランド原宿店の店頭で中国武術のチャンピオンとロボット大賞を受賞したi-SOBOT(アイソボット)が共演するイベントを開催する。

外国人観光客誘致キャンペーン「Yokoso Japan Weeks 2009」(1/20〜2/28)を記念したこのイベントは、国境を越えるボディーランゲージ「アクション」がテーマとなっている。イベントでパフォーマンスを披露するのは、中国武術のチャンピオン、呉澤人(ゴ タクニン)と頑張る人達を応援するキャラクターi-SOBOTだ。

i-SOBOT(国内版)は、身長わずか16.5cm、約180の言葉を話し、行動パターンは200種類、約90種類の効果音を持ち、オリジナルの音楽を奏でることが可能。08年版ギネス世界記録(TM)では「世界最小の量産されている人型ロボット」に認定されている。また、「グッドデザイン金賞」をはじめ数々の賞を受賞するなど、世界を繋ぐロボットなのだ。

このイベントは1/24(土)の13:00〜と15:00〜の2回公演。お見逃し無く!【東京ウォーカー】

※公演時間は予定。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る