イチローも実践する「朝カレー」で脳を活性化!

2009年1月23日 10:31更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

イチローなど有名アスリートも実践しているという「朝カレー」。「カレーに含まれるスパイスが漢方薬の効果にも似ているため、脳内の血流量がUPする」という医師の意見もあり、「朝カレー」は、昨年から受験生を中心に定着しつつある“朝ごはん”だ。

前夜から作っておかなければならないのが難点だった「朝カレー」だが、2/16(月)、ハウス食品が朝専用のレトルトカレー「めざめるカラダ 朝カレー」を発売する。

朝に摂りたい、フルーツや野菜、ヨーグルトなどがバランスよく配合され、一袋あたり63kcalからというヘルシーさもうれしいこの商品。だが、一番の驚きは“温めずにすぐ食べれる”ということだ。

常温で食べるレトルトカレーって本当においしいの?

「普通のレトルトカレーは動物油脂を使っているので、常温だと固まった状態になるんです。『めざめるカラダ 朝カレー』は植物油脂を使うことで、常温でもトロッとした食感が実現できました。また、常温が一番おいしくなるように、具材の大きさやスパイスなども工夫しています」(ハウス食品広報)

温かいご飯にかけれるだけで出来上がる「めざめるカラダ 朝カレー」。忙しく、かつ朝から頭をフル回転させなければならないビジネスマンにはうれしいレトルトカレーとなりそうだ。 【東京ウォーカー/安藤真梨】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る