「俺妹」イラストレーターによる描き下ろしジャケットも魅力!初音ミク最新コンピアルバムに注目

2011年10月9日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

メロディーと歌詞を入力することで、サンプリングされた人の声をもとに歌声を作り出すことのできる音声合成システム「VOCALOID(ボーカロイド)」。これを用いたパソコン用ソフトウェアの製品名にして、そのマスコットキャラクターでもある初音ミクが、様々なジャンルの楽曲を歌い上げるコンピレーションアルバム「EXIT TUNES PRESENTS Vocalocluster (ボカロクラスタ) feat.初音ミク」が10月19日(水)に発売されることになった。

本商品は、オリコン週間ランキング1位を獲得した「EXIT TUNES PRESENTS Vocalonexus (ボカロネクサス) feat. 初音ミク」をはじめ、新作が発売される度に大ヒットを記録しているコンピアルバムシリーズの最新作であり、ニコニコ動画などで爆発的な人気を誇る作曲家陣の最新ナンバーが楽しめるアルバムとしても大いに期待されている。しかも今作は、人気アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のイラストレーター・かんざきひろ氏がジャケットデザインを手がけているので、そちらも見逃せないポイントとなっている。

本作には、オリジナルイラストの描かれたマウスパットや、人気キャラクターをあしらった携帯ストラップ、B2サイズの特大ポスターなど、8種類のオリジナルグッズが購入特典として付いてくるうえ、アニメイトではオリジナルティッシュケース、とらのあなではA4クリアファイル、TSUTAYA RECORDSではお洒落なイラスト入りのトートバッグといった具合に、各販売店ごとの初回購入者限定プレゼントまであったりするので、どこで購入するべきか思わず迷ってしまうファンも多くなりそうだ。

タイトルに名前の入っている初音ミクはもちろん、クールでハスキーなボイスが魅力の巡音ルカや、若さあふれるふたり一組のボーカロイド・鏡音リン&レン、歌手・GACKTさんの声をもとにした音声合成ソフトウェア「がくっぽいど」のイメージキャラクター・神威がくぽなど、同ソフトウェアシリーズの人気キャラが一堂に会し、個性的な楽曲を聞かせてくれる「EXIT TUNES PRESENTS Vocalocluster (ボカロクラスタ) feat.初音ミク」。ファンの人はもちろん、これまで初音ミクを聞いたことがない人も、本アルバムを一度聞けば、その魅力にはまってしまうのは間違いないかも!?【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全17枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る