第11回小樽雪あかりの路、2/6(金)〜15(日)に開催!

2009年1月27日 21:58更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

400個の浮き玉キャンドルや手作りキャンドルの暖かな明かりが、運河をはじめ、小樽のノスタルジックな街並みを優しく照らす。街ぐるみで支えている住民参加型のイベントらしく、市民グループや企業のボランティアが手作業でロウソクを点灯する。

メイン会場である小樽運河会場では、運河を照らすキャンドルの幻想的な明かりのほか、運河の橋の近くにはロマンティックなハートのモニュメントが設置され、カップルや観光客の絶好の撮影スポットとなっている。

もう1つの会場である手宮線会場は、約20mのスノートンネルやキャンドルで飾られる。会場にはアイスバーも登場する予定だ。

ぬくもりと安らぎに満ちた明かりを見て、素朴な感動に浸ろう。【北海道ウォーカー/佐々木俊輔】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る