歴代ジョジョが勢ぞろい! 超リアルなフィギュアが続々登場

2011年12月8日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2012年で連載25周年を迎える人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」。バンダイナムコグループのバンプレストでは、これを記念して“究極の肉体美”を追求した超リアルなジョジョ・フィギュアを開発、全国のアミューズメント施設や書店に続々投入することになった。

そんなフィギュアシリーズのなかから、まず最初に紹介したいのが、アミューズメント施設専用景品として12月下旬より登場予定の「ジョジョの奇妙な冒険 MASTER STARS PIECE 空条承太郎」。「MASTER STARS PIECE」とは、最高の存在感を放ち“スター”と呼ぶにふさわしいキャラクターを、“マスター”の称号を持つ作り手が最高のクオリティでフィギュア化した同社が誇る最高級フィギュアブランドのこと。そんなブランドの最新作として、第三部の主人公であり、“歴代最強のジョジョ”とも謳われている承太郎がフィギュア化されることになった。

このフィギュアは、原作者・荒木飛呂彦先生が監修に携わっていて、筋肉の質感はもちろん、表情や独特のポージング、衣装のしわや光沢など、あらゆる面からこだわりが感じられる逸品に仕上がっている。また全高が約25cmもあるので、その存在感も圧倒的! さらに、12月21日(水)から2012年1月22日(日)までの期間中、第四部・五部登場時の衣装を彷彿とさせるホワイトカラーの限定フィギュアが抽選で当たるキャンペーンも実施されるので、こちらも見逃せないポイントだ。

続いて紹介するのは、12月19日(月)より全国の書店限定で発売予定の「一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 アニバーサリーズ」(600円)。これまでに第一部から第七部までの歴代ジョジョが全てフィギュア化されているのだが、正義の魂を持つジョースター家の人間はホワイトカラー、邪悪の化身DIOとそのスタンド「世界(ザ・ワールド)」はブラックカラーといった具合に、遊び心に満ちたアレンジが施されている点が特徴的だ。いずれのキャラも、このようなカラーリングは珍しいので、ファンならば全種類コンプリートしたいところだ。

現在「ウルトラジャンプ」で連載中の第八部「ジョジョリオン」や、上遠野浩平、西尾維新、舞城王太郎ら人気小説家とのコラボ企画「VS JOJO」シリーズなど、25周年を迎え、ますます盛り上がる「ジョジョの奇妙な冒険」。これらのフィギュアも全てそろえて、ジョジョワールドの魅力を思いっきり堪能してほしい。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全17枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る