アニメ・マンガ原作作品主演の好きな俳優1位は、松田翔太!

2012年3月16日 15:17更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

出会いの多い春、ホワイトデーには恋人や夫婦で過ごした方も多いのでは? しかし、オリコンが先日行った調査によると、実に女性の86.8%が「日常で理想の男性を見つけるのは難しい」と回答しており、その一方で、90.6%が「ドラマや映画に出てくる役柄で好みのタイプがいる」と答えている。さらに54.7%と半数以上が「アニメ・マンガ原作のドラマや映画に理想の男性像とするキャラクターがいる」という結果が出た。

アニメ・マンガ原作の実写化はトレンドになっているが、特にキャスティングは重要なポイントだ。配役で作品を見るか、見ないかを決める理由になったり、「人選が酷いと原作はもちろん、ファン心も傷つけられる」という声も聞かれ、原作の人気や既に定着したイメージがあるために、評価も厳しい傾向にあることは間違いない。

そこで同社は、10~40代の女性500人に、直近1年でアニメ・マンガ原作のドラマや映画で主演を務めた俳優を対象に、「好きな俳優ランキング」を実施(調査期間:2012年2月14日~20日)。栄えある1位には、演技力に定評のある松田翔太さんが輝いた。

松田翔太さんは、現在公開中の漫画原作映画『アフロ田中』『ライアーゲーム 再生』で主演を務め、クールな役から二枚目の役まで、様々なキャラクターを演じている。「演技が上手いし、色々と個性的な役をこなしている」(30代)や「知的な役も、三枚目な役も、ワイルドな役もこなせて、演技の幅が広い」(20代)と、型にはまらない演技力の高さに評価が集まる一方、「独特の雰囲気が好き」(20代)、「色気があって目が離せなくなる」(10代)など、持ち前の端正な顔立ちで、本人が持つ特有の色気や雰囲気でも視聴者を魅了しているようだ。

続く2位にランクインしたのは向井理さん。「素朴」「ナチュラル」「自然」などがポイントとして挙がった。3位の生田斗真さんには、映画『僕等がいた 前篇』(3月17日公開)をはじめとする少女漫画原作の出演が多く、見とれるような容姿の美しさが原作とマッチし、女性の心をつかんだ。他にも、松山ケンイチさん(6位)、大野智さん(8位)、小栗旬さん(9位)など、トップ10には「役柄のイメージを忠実に再現する演技力」が大前提として挙げられており、1位の松田翔太さんを筆頭に、実力と人気を兼ね備えた俳優陣がランクインしている。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る