TEAM NACSニッポン公演「WARRIOR~唄い続ける侍ロマン」、いざ開幕!

2012年3月30日 21:11更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

3/30、19:00、札幌市民ホールで開幕した演劇ユニット「TEAM NACS」の舞台「WARRIOR」(森崎博之・演出)の公開げいこが同日、昼、同劇場で行われNACSの大泉洋(38)らが本番さながらの熱演を繰り広げた。

今作は戦国時代を舞台に複雑に絡み合う侍たちの運命を、壮大なスケールで描く意欲作。「戦国」という群雄割拠の時代に生きた武将達をTEAMNACSが演じる(森崎博之=柴田勝家、安田 顕=徳川家康、戸次重幸=織田信長、大泉 洋=明智光秀、音尾琢真=豊臣秀吉)。

戦国の世はもちろん、「ナックスらしさ」も随所に組み込まれたパワフルな同作品は、本格的な殺陣も! 前売チケットはすでに完売だが、若干数の当日券はあるそう。ナックス史上最大の公演に大注目!

札幌公演は4月4日まで。函館公演は4月6日。東京公演は5月30日~6月10日まで赤坂ACTシアター。全58公演、全国18箇所、7万人を動員する。

森崎博之 オフィシャルコメント/「TEAM NACSらしい、ド派手な舞台を追求しました。思いつくことはすべて盛り込みました。15名のアンサンブルキャストとともに、ぎゅうっと凝縮した戦国時代を舞台で表現します。侍の魂を憑依させた20名の武将たちをご覧下さい」

大泉洋 オフィシャルコメント/「名だたる戦国武将を僕たちが演じています。複雑に絡みあう侍達の運命、そしてそれぞれに国を思う彼らの想いを全国の皆さんにお伝えしたいと思います」

※公演の詳細は、オフィシャルHPにて確認を

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る