戸田「100回観てください!」ファン200人にスペシャルトークを披露!4/4「劇場版SPEC~天~」大阪イベント

2012年4月4日 20:08更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

4/4、MBS毎日放送株式会社1階ロビーにて16:50~「劇場版SPEC~天~」大阪“SPEC”ialイベントと題したトークイベントが開催され、主演の戸田恵梨香・加瀬亮が撮影裏話などをファンの前で披露した。このトークショーは事前に一般告知され、朝の3時から列を作ったファンたち200人が参加。作品で戸田恵梨香演じる当麻(とうま)のように左手を白い三角巾で吊っている人、加瀬亮演じる瀬文(せぶみ)が持つ紙袋を持つ人、餃子のかぶり物をしたりと、コスプレをしてくる作品に熱い思い入れのあるファンが集まった。

戸田恵梨香と加瀬亮の2名が登場すると、ファンから声援で迎えられ、「(大阪は)パワーありますね。元気もらえます」(戸田)「東京だと静かになることも多いのに、大阪はファンの声が聞けて、励みになります」(加瀬)に感激もひとしおだった。

トークショーでは、映画の裏話を披露。役を演じるのに心がけてきたことは?という質問には、戸田は「いかにだらけるかですね。足を広げて座ったり、立っている時は前かがみになったり。猫背でいるのはけっこう腰にくるんですよ」

加瀬は、突然キレる演技はどのようなことを考えてやっているのか?という質問に「僕は普段からテンションが低いので、怒る演技をする時、監督が早くやってとか言われると、小さな怒りが生まれるので、それを増幅させます(笑)」と裏話を披露。

さらに、トリッキーな性格の主人公を演じた戸田は、監督から今まで一番のドヤ顔をしてと言われ、やってみたら原形をとどめていないとNGを出されたり、昔の田原俊彦のCMのモノマネをするシーンなどYouTubeを何度も見て練習したエピソードを披露。加瀬は、ギョーザ煮込みうどんの鍋のなかに戸田に顔をつっこまれるシーンには、加瀬が顔が小さ過ぎて思ったより奥に入ってしまい、顔をあげた加瀬があまりにひどい顔をしていて戸田が思わず大笑いしてしまい、NGを出して取り直しになったエピソードを披露。ファンは裏話が聞けて大喜びの様子だった。

最後に戸田は「本当に楽しい映画になったと思います。みなさん10回でも100回でも観てください!」とメッセージをファンに贈った。

なお、このイベントに合わせて、MBS毎日放送株式会社のビル前では、戸田が演じた役が餃子を好きなことから映画のPRのために作られ、全国を巡回している“餃子ワゴン”でノベリティシール付きの特製餃子(3個300円)を4/4・5の2日間、販売している。初日の4/4には1500食を販売するほどの人気だった。

映画「劇場版SPEC~天~」はいよいよ4/7(土)から全国公開される。

【取材・文=関西ウォーカー編集部 若林毅】

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る