Perfumeが「甘酸っぱい恋の味」とお勧めするピュレグミ新商品を食べてみた

2012年4月6日 11:09更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

グミ市場No.1のシェアを誇るカンロ「ピュレグミ」新CMの全国放送が4月5日よりスタートした。前日の記者発表ではイメージキャラクターを務めるPerfumeも登場し、あ~ちゃんを筆頭に、もともとピュレグミの大ファンであることを公言。Perfumeの3人も、駅でピュレグミを購入したり、カバンの中に入れてちょっとお腹が好いた時に食べているそうだ。当日は春の新味として2種類の新フレーバーを試食し、その甘酸っぱい味に、学生時代の恋の話に発展するほど盛り上がった3人だったが、「実際どうなんだ? 恋の味がするのか!?」というわけで、編集部ではピュレグミ5種類を実際に食べてみた。

ピュレグミはフレーバー全てに、“すっぱいパウダー”がコーティングされているため、最初の一口はどれも「酸っぱい!」の声が。弾力のあるグミを噛んでいくと甘さが出てきて、それぞれの果物の味や香りを楽しめる。

あ~ちゃんのお気に入りはレモンとグレープとのことだったが、レモン味は酸っぱいフルーツの代表であるだけに、インパクトのある酸っぱさを感じる。これが癖になると人気を得ているピュレグミだけに、スタンダードの味と言えるだろう。グレープも口に入れた瞬間からジューシーで、グレープの香りが広がり、男女共に人気を誇るというのも納得の味だ。かしゆかのお勧めはフレッシュピーチ。ピンク色のパッケージの可愛さとピーチの甘さに、編集部女性の人気を得た。

そして、Perfumeの3人も試食した新フレーバーのグリーンキウイとルビーグレープフルーツだが、「キウイはレモンほどの酸っぱさはないけど、酸味があって、爽やかなキウイの味が広がりますね」と編集部の食通男性。そして、ルビーグレープフルーツは酸っぱさとグレープフルーツの苦味、甘味のバランスが好評で、「ちゃんとルビーの味がする!」「苦味が新しい!」と編集部員の間で一番人気を得た。

ピュレグミが女性のハートをつかむ理由は、全商品コラーゲンとビタミンC入りで、“恋の応援もしてくれる”というポイントもあるだろう。ちなみに、3人の子供を持つ父であるデスクも「もう、恋とかすっかり忘れてしまったけど、甘酸っぱいから確かに恋の味だ」とぼつりとつぶやいていた。男女共に人気を得ているピュレグミは、春のお花見にもぴったりなので、是非あなたも恋の味を試してみては!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る