爽快感がたまらない! 「ガリガリ君入浴剤 New Cool」を試してみた

2012年6月9日 7:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ガリガリ君」をモチーフにしたデザインが話題のアイスキャンディ型入浴剤「ガリガリ君入浴剤」。そのリニューアルバージョン「ガリガリ君入浴剤 New Cool」(236円)が6月9日(土)に発売されることとなり、今回は一足早く、その新商品を体験してみた。

そもそもガリガリ君入浴剤とは、2007年から販売を開始し、現時点で累計270万個の売上を誇っている人気商品。今回のリニューアル版には、定番の「ソーダ」と「コーラ」に、メントール成分が2倍の「ソーダ超Cool」と、あまりにも人気が高く、店頭に並ぶなりすぐに売切れてしまうことから“幻のガリガリ君”と呼ばれている「梨」を加えた4種類がラインナップしている。

そんな本商品のなかから、今回は「梨」と「ソーダ超Cool」を試してみることに。まず、本物のガリガリ君にそっくりな梨のパッケージを開けてみたところ、なかからは梨の良い香りがして、思わず噛りつきそうになってしまった。食欲を我慢(!?)しながら、入浴剤をバーが付いたまま浴槽に入れると、あっという間に溶け始め、梨の香りが漂う湯船が完成。

早速入浴してみたところ、じわじわと汗をかいたものの、お湯自体はあまり熱く感じず、普段より長く湯船に浸かってリラックス。また梨の香りも心地よく、いつも以上にくつろいだ気分を堪能することができた。

続いて「ソーダ超Cool」を試してみたところ、お湯に浸かっている間は「梨に比べると少し熱さを感じないかな?」くらいの感想しかわかなかったが、湯船から出ると急に涼しくなり、一気に汗が引いていく。この清涼感は、風呂を上がってからもしばらくの間続いたので、これから暑くなるにつれ、活用する機会が多くなりそうだ。

なお、同商品には使用後も楽しめる特典として、各入浴剤に1個ずつ「ガリガリ君」のパッケージをイメージしたマスコットが封入されている。シークレットを含む全7種が用意されているので、コンプリートを狙うのも面白そうだ。さらに“当たり”のバーが出たら、オリジナルデザインのバスタオルが当たるキャンペーンも展開中なので、こちらも見逃せないのだ!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全17枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る