2/22(日)「ネコの日」、ネコカフェでは何があるの?

2009年2月20日 22:59更新

横浜ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2/22はニャンニャンニャンというわけで「ネコの日」。ことしは日曜日ということもあり、神奈川県内でも急増中のネコカフェで、何かイベントが行われる予定があるかどうかを聞いてみました。

ます、神奈川で最初にオープンしたネコカフェ、茅ヶ崎駅より徒歩5分の「ねこのすみか」。こちらではくじびきを実施、ネコグッズなどの景品があたる。また、ユニークな試みとして、レンタル猫ちゃん制度を始める予定(3/11時点)。飼いたくても飼えない方、飼ってみたいけど、どうすればいいか分からない方、ご高齢者の方への癒しの提供etc.…。生き物の「レンタル」なので、当然いろいろと約束事があるけれども、お店の人に気軽に尋ねてみよう。基準価格は一泊二日6000円から。ホームページにも紹介がある。話を戻すと、この日は姉妹店である東京・世田谷「coccolare(コッコラーレ)」の様子が「噂の東京マガジン」(TBS)にて放映されるのだとか。お店に足を運べない人も要チェック。

神奈川県内最大規模、なんと24時間営業のネコカフェ「ねこカフェみけ 川崎店」。こちらは特にイベントは行われないようだが、看板ネコでアメリカンカールの「白太郎」がやはり「噂の東京マガジン」に出演。もちろん白太郎は当日も「出勤」しているので、テレビで見てから本人に会いに行くのもOK。総勢36匹のネコスタッフがお出迎えだ!

もうじきオープン1周年を迎える「猫カフェ れおん」。こちらでは14匹のネコスタッフがスタンバイ。2/24(火)から始まる元町チャーミングセールの下見がてらに、ふらりと立ち寄ってみるのもいいかもしれない。

イヌ派はコチラヘ。横浜ベイクォーター3階メイン広場にて「横浜ベイクォーター マスコット犬コンテスト」を2/22(日)13:00〜開催(雨天時は2/28土13:00〜)。事前応募262匹の中から一次審査を通過した40匹が登場し、ドッグウォークや自己PR(特技や性格などの紹介)を披露する。コンテスト優勝犬はベイクォーターのHPなどで今後1年間活躍する予定だ。観覧無料、個性さまざまなワンコに会いに行ってみよう!【横浜ウォーカー/木村優子】

※レンタル猫ちゃん制度をスタート、とお伝えしましたが、取材時点ではまだスタートしておりませんでしたので表現を訂正させていただきます

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る