超カワイイ“一点モノ”が手軽に!初開催の“オーダーメイド”イベントとは

2012年9月16日 6:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

手描きのイラストを持って行くと、レーザーで彫刻してくれて超カワイイ“自分だけ”の時計を作ってくれる…そんな夢のような“お手軽オーダーメイド”イベントが、東京・秋葉原で開催される。

これは、ものづくりの街「2k540 AKI-OKA ARTISAN」(以下アキ・オカ)で行われる“スペシャルオーダー”がテーマの新イベント「あつらえ」。「アキ・オカ」は、JR秋葉原駅と御徒町駅の間の高架下に広がる、工房とショップが1つになった個性的なエリアで、ジュエリーや革製品、バッグ、陶器などさまざまな店が立ち並ぶ複合施設だ。

9月16日(日)から23日(日)のあいだ、通常のオーダーはもちろん、施設内32店舗で、この期間だけのオーダーメイド商品や期間限定商品などを製作&販売。ウッドクラフト「NOCRA」のプチクロック盤面オーダー彫刻や、「STUDIO UAMOU」のオリジナルウアモウ作りなど、世界に一つだけのアイテムを手に入れることができる。

「NOCRA」では、手描きのイラストを持ち込めば店でデータ化し、8cm四方のプチクロックの盤面にレーザーで彫刻してくれる。「STUDIO UAMOU」では、アーティスト高木綾子が生み出した宇宙人の男の子“UAMOU”のオリジナルソフビ人形が作れるので、この機会にぜひ個性あふれるオリジナルアイテムを作ってみて!

工房の作業風景を見たり、ワークショップを体験したり、多彩な店舗を巡れば、同施設の魅力にハマること間違いなし! 11月11日(日)~18日(日)には、第2回を開催予定。アキ・オカの新イベントで、東京の“ものづくり”を楽しんでみて!【詳細は9月4日発売の東京ウォーカー17号に掲載】

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る