ローソンの新スイーツ「プレミアムぎゅっとスイートポテト」食べてみた

2012年9月20日 14:38更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

コンビニスイーツ界の雄・ローソンより9月18日(火)に発売された「プレミアムぎゅっとスイートポテト」。大人気の“ぎゅっと”シリーズの新商品は、シリーズ初の季節商品だ。そんな「ぎゅっとスイートポテト」を編集部で食べてみた。

まず全員が口をそろえて言たのは、商品名そのまんまだが「味がぎゅっと詰まっている」という点。サツマイモの濃厚で香り高い甘味とうまみが凝縮されているので、ひとつ食べただけでも満足感がかなり高い。素材の甘さを生かした深い味わいは、1個150円のコンビニスイーツとしては十分過ぎるほどの完成度。味が“濃い”のとはまた違う、さっぱりしているのに“ぎゅっと詰まった”おいしさは是非食べてみてほしい。

また、口当たりの良さも特筆モノ。2種のサツマイモが使われ、安納芋独特のしっとり感ともう一方のほくほく感がうまくマッチしていて、さらに純生クリームも加わった、滑らかでいながら素材を生かした口当たり。口の中でほろほろと適度にほぐれるのに、パサつくことがないので、しっとり系が好きな人にもオススメしやすい。

試食した記者には“ローソンのスイーツはほぼ制覇している”という猛者もいたが、その記者に「このタイプのスイーツのなかで、一番さっぱりしていて食べやすい!」と言わしめた「プレミアムぎゅっとスイートポテト」。激売れした“ぎゅっと”シリーズの新作だけに、是非その味わいを試してみてほしい。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る