マキシドレスが浴衣に変身!簡単でセクシーな2WAY浴衣が大人気

2013年6月6日 19:58更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

お祭りや花火大会など夏のイベントに向け、浴衣の売行きが大きく動き出すのは6月中旬だそう。今年は着付けるのが簡単で、着崩れしにくいセパレート浴衣の人気が急上昇し、様々な色や柄が登場してきている。

今回、新たに夢展望株式会社から発売されたマキシドレス浴衣は、上着を脱げばワンピースとしても使える画期的な商品。なかでも、太ももまでの大胆な切れ込みが入った「スリットマキシ浴衣」(4980円)が売れており、一挙両得さとハデ可愛い目新しさが20代前後の若い女性に支持されているよう。

浴衣は長い時間着ていると相当疲れるもの。2WAY浴衣であれば、昼間はワンピースとして普通に過ごし、夜のイベント時だけ浴衣にチェンジしたり、イベント後はすぐにワンピースに着替えてリラックスすることもできる。着崩れの心配がないから洋服感覚で着られ、ライブやパーティーなど色んなシーンで活用できそうだ。

難しそうな着付けはワンピースに上着を羽織り、帯を締めるだけなので、たったの5分で完成。一番厄介な飾り帯はお花が咲いたようなフラワー兵児帯を結ぶだけなので、簡単に豪華なアレンジができる。

スリットマキシ浴衣は袖口にフリルがつき、スカート部分はセクシーなスリットが入った細身の型なので、一見普通の浴衣に見えるデザインなのも人気の秘密。色は大人の色気漂う黒と、乙女チックなピンクの2種類で、大輪のバラとバタフライが描かれとっても華やか。

他には裾がフレアに広がったマキシドレスとしても楽しめる進化系「マキシドレス浴衣」(4980円)も同時発売。こちらにはレース襟が付き、淡いバラとレース模様でいっそうロマンティックになったロリータ浴衣風だ。

ここ数年、原宿では浴衣を普段着として着こなすドレス浴衣やゴスロリ浴衣なども流行しているそう。和と洋のテイストを上手に組み合わせた夏特有の現代風浴衣コーデをもっと気軽に楽しもう!購入は夢展望株式会社の通信販売サイトへ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全20枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る