週刊ジョージアが創刊!SKE松井玲奈もグラビアで参戦

2014年1月23日 12:42更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

缶コーヒーブランド、ジョージアは「世界は誰かの仕事でできている」というキャッチコピーのもと、ひたむきに働く日本の男たちを応援する2014年「ジョージア」の新キャンペーンを1月27日(月)から実施する。キャンペーンの一環として日本で初めての、“缶”を媒介とした“飲みながら読むスマホ・マガジン「週刊ジョージア」”を創“缶”ならぬ創刊(発行:KADOKAWA)するが、その発表会に俳優の山田孝之さんとSKE48の松井玲奈さんが登壇した。

週刊ジョージアはKADOKAWAの各編集部が制作に参加したコンテンツをラインナップ。ブックウォーカーの協力のもと、KADOKAWA以外から発行されているコミック作品なども参加している。豊富なコンテンツを楽しむために、週刊誌と言いながらも平日は毎日更新しているのが特徴だ。スマホアプリらしい機能や操作性も備えた新感覚のデジタルサービスとなっている。

新キャンペーンのイメージキャラクターとなった山田孝之さんは、1月27日(月)から全国で放映開始するシリーズ第1弾テレビCM「マニフェスト」篇(30秒)に登場する。週刊ジョージアにも毎号登場することになっており、イベントではそれらの撮影エピソードなどについてコメント。「『世界は誰かの仕事でできている』というテーマどおり、僕も誰かの役に立てているんだろうか、と思いながら頑張っています。22もの職業を2時間で撮影したのですが、写真だけでキャラクターを出すのは難しかったですね。ちなみに、これまで経験したことのある仕事、新聞配達とファーストフード店はなかったです」と、笑顔を交えながら語った。

また、週刊ジョージア創刊号の完全撮り下ろしグラビア企画「さわれるグラビア 妄想カノジョ」に出演した松井玲奈さんもゲストとしてイベントに駆け付け、週刊ジョージアの内容や魅力などについて答えてくれた。仕事帰りに先輩と地元デートを繰り広げる内容となっているが、松井さんは「グラビアを見て、一人でも多くの方が癒されてほしいです。私も働く人々にエールを送る気持ちで頑張っていきたい」とアピールした。同コンテンツを体験した山田さんに対して、松井さんは「目の前でグラビアを見られるのって緊張しますね(笑)」と照れ笑い。山田さんも「見てるこっちも緊張します(笑)」と答えたが、その後、松井さんは「(コンテンツ内にある袋とじについて)自分も開けてみたいと思いました。袋とじってアダルトなイメージがありますけど(笑)、それを開けるのって楽しそう」と興味を示していた。

なお、週刊ジョージア創刊を記念し、ジョージア エメラルドマウンテンブレンド、ジョージア エメラルドマウンテンブレンド キレの微糖、ジョージア エメラルドマウンテンブレンド ブラック、ジョージア エメラルドマウンテンブレンド カフェオレの缶側面で週刊ジョージア告知デザインが1月27日(月)から展開されるので、こちらもチェックしてほしい。【Walkerplus】

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る