富士スピードウェイの第9期イメージガール「クレインズ」が決定&GWに初お披露目!

2014年4月1日 19:41更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

静岡・小山町にあるサーキット・富士スピードウェイは、4月1日、第9期のイメージガール「クレインズ」のメンバーを発表した。

「クレインズ」は、富士スピードウェイのイメージガールで、2006年に初めて結成。“クレインズ”は鶴の英訳“CRANE”の複数形で、2005年の富士スピードウェイのリニューアルの際に、“折鶴”をモチーフにメインスタンドの屋根をデザインしたことに由来している。

今回、9期目のメンバーに選出されたのは、高家望愛(こうけ・のあ)、安藤麻貴(あんどう・まき)、山本捺生(やまもと・なつき)の3人。

2013年から2年連続で務める高家は、福島県出身の23歳。「2014年もこうして大好きな富士スピードウェイの『クレインズ』として活動できることをうれしく思います。また皆さんにお会いできる日を心待ちにしています」とコメントを寄せた。

また、青森県出身の安藤は、今回が初選出。25歳となる彼女は、ロードバイクが趣味という、何ともピッタリの人選だ。「第9期クレインズとして富士スピードウェイの情報をたくさん発信していきたいです。サーキットで見掛けたらどんどん声をかけて下さい」とアピールした。

そして、山本は茨城県出身の24歳。「イメージガールは初めての挑戦となりますが、私たちらしい、新生クレインズの形で富士スピードウェイを盛り上げていきたいです! 見掛けたら気軽に声を掛けて下さいね」と、初々しくコメントした。

メンバーの初お披露目は、「SUPER GT Round 2 富士GT500kmレース」が行われる5月3日(土)、5月4日(日)。メンバー自らがデザインした新コスチュームで登場するので注目だ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る