東京セレソンデラックスを「日本で一番泣ける劇団」とまで言わしめるきっかけともなった、最高に切ない夏の物語がパワーアップして帰ってくる!

2014年6月4日 17:50更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

言葉にできなかった想いの行方は‥・最高に切ない夏の物語

舞台は長崎のとある町にある海の家兼民宿「あいかわ」。その民宿を営む相川家のヤンキー息子3人は、地元で「長崎のキングギドラ」の異名で恐れられていた。3兄弟の次男坊、底抜けに明るくておバカな「もっちゃん」こと元弥(もとや)に淡い恋心を寄せる幼馴染の女子高生、三上夕(みかみゆう)。しかし、そんな想いを知らない元弥は夕の親友である高橋薫に夢中。ところが薫は元弥の親友の塩谷健太郎に恋をしていた…。恋と友情の狭間で、伝えられない想いを抱えたまま大人になっていく夕たち。それぞれの初恋はどんな結末を迎えるのか、言葉に出来なかった想いの行方は……

誰にでも覚えのある淡い初恋の思い出。どこにでもあるような平凡なラブストーリー。しかし!だからこそ泣ける!!その想いがわかるからこそ泣ける!!宅間孝行が恥ずかしげもなく描いた切ない青春ど真ん中ラブストーリー。

2014年の夏、あなたを青春時代にお連れします。

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る