森永「ピノシーズンアソート」にピノ史上初フレーバーのメロン味が登場

2014年6月10日 19:33更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

森永乳業は、6月16日(月)に「ピノ」シリーズから今だけの限定の味が楽しめる「ピノ シーズンアソート」(税別500円)を期間限定で発売する。「ピノ」は、1976年に発売したバニラアイスをチョコでコーティングした、ひとくちタイプのアイス。3つの味わいを楽しめるアソートタイプは1992年に仲間入りした。

「ピノシーズンアソート」は、毎年、夏と冬に発売している期間限定商品。今回はおなじみの定番「バニラ」に加え、マイルドな味わいの「カフェラテ」と、マスクメロン果汁を使用した爽やかな風味の「メロン」の3種類を詰め合わせている。「メロン」は、ピノ史上初のフレーバーで、「ピノシーズンアソート」でしか体験できない味わいで、8月までの期間限定となっている。

また、東京・サンシャインシティ文化会館2F展示ホールDにて7月5日(土)に、色々なチョコがコーティングでき、自分だけの出来立てオリジナルピノが楽しめる「第2回ピノフォンデュカフェ」を実施(昼12時から夜7時まで。なくなり次第終了)。バニラアイスにイチゴチョコなど計6種のコーティング用チョコレートと抹茶など計6種類のトッピングメニューから好きな組み合わせを選べ、オリジナルのピノを味わうことができる。その場でチョコをコーティングして、出来立てのピノを食してみては。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る