ピカソ、クレーなど20世紀前半のモダンアートが集結!

2009年4月7日 19:49更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

4/10(金)〜5/31(日)、兵庫県立美術館にて「20世紀のはじまり 『ピカソとクレーの生きた時代』展」が開催される。ピカソ、クレーの作品を中心に、計23作家64作品で20世紀前半のモダンアートの流れをたどる絵画展。マティスやシャガール、マグリット、ミロなど、西洋近代美術史を彩る名品の数々を一挙に見られる機会を見逃す手はない。

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る