ETCで往復4300円も安くなる! 名古屋〜三重・鳥羽絶景の旅

2009年4月8日 21:40更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

三重県・鳥羽〜志摩の美しい海岸線沿いを走る、パールロードには絶景スポットがいっぱい。春のドライブには絶好のコースだ。名古屋からの高速料金は片道3150円(名古屋西IC〜伊勢IC)、ETC休日特別割引ならもちろん1000円に。昼と夕方それぞれのオススメビューポイントを巡りつつ、旬の魚介類を使った新鮮グルメや、夕日を見ながら入浴できる日帰り温泉スポットを満喫してみよう。

おすすめの絶景は「パールロード鳥羽展望台 食国蔵王」(三重県鳥羽市)。太平洋を一望でき、天気がよければ知多半島まで見られる。伊勢エビが入ったハンバーガー、とばーがー(600円)や地元産テングサのところてん入り、海女さんのおやつパフェ(830円)など名物グルメも試してみよう。

また、夕景なら「的矢湾大橋」(三重県志摩市)がいい。的矢湾の的矢と志摩スペイン村がある坂崎をつなぐ全長約230mの橋。昼は空の青と山の緑、橋の赤が自然に溶け込む。この季節天気がよければ、17:30〜18:00にはまるで絵画のように美しい、英虞湾と小島の夕景が楽しめる。

立ち寄りにおすすめなのは鳥羽駅近くの「海女小屋 鳥羽 はまなみ」(三重県鳥羽市)。元海女の女将が営む海鮮料理店で、伊勢エビやサザエなど地元で水揚げされた旬の魚介類がリーズナブルに食べられるとあって人気。店内には海女小屋席があり、砂利石テーブルで豪快に食事が楽しめる。海鮮丼(1800円)は、新鮮な旬の魚介類が5種類以上のった人気の丼。5種類の焼き貝が味わえる、うにめし付きの貝焼きセット(1500円)も。

また、疲れを取るなら「伊勢志摩温泉 志摩スペイン村 ひまわりの湯」(三重県志摩市)へ。伊雑ノ浦を一望するロケーションの露天風呂が自慢だ。正面の山に夕日が沈む光景は圧巻。入浴料大人1000円。営業時間は9:00〜23:00(受付〜22:00)。【東海ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る