札幌の飲食店は復活がブーム。名店2軒が再始動!!

2009年4月20日 16:02更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

惜しまれつつ閉店した人気店が、パワーアップして生まれ変わった。こだわりの炭火焼肉と本格ラーメンが評判の「ソルトピーナッツ」。素材を生かした創造力豊かなメニューのイタリアン「ボーズ」。札幌を代表する伝説の2店舗に注目だ。

自然の旨味たっぷりのラーメンと国内産素材の炭火焼肉が、根強いファンを生んだ人気焼肉店「ソルトピーナッツ」が、2/1、大通りに8年ぶりに復活オープン。

化学調味料を一切使わない安心料理が自慢。国内産にこだわった炭火焼肉や多彩なワインを味わえるほか、ランチタイムは自家製麺の本格ラーメンが食べられる「支那そばマルキン」として営業する。

根強いファンを持つ地鶏支那そば(650円)は、あっさり味で焼肉のしめにも最適。

素材と真正面から向き合う奥深い料理とオーナーの明るい人柄で、多くのファンから支持された人気の隠れ家イタリアン「ボーズ」も、二条市場の裏手から円山に移転し、3/7に3年ぶりに復活した。

料理内容がその日仕入れた素材で変化するという自由な発想と、素材を最大限に生かすメニューが魅力。気さくなオーナーとの会話も楽しみのひとつだ。

キーワード

ページ上部へ戻る