一狩り行こうぜ!東京と大阪に“モンハン”リアル集会所が出現!?

2014年10月21日 12:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

10月18日、東京・上野と大阪・天王寺で、パセラとカプコンのコラボレーションイベント「リアル集会所」が、期間限定でオープンした。大ヒットゲーム「モンスターハンター4G」の世界観を再現した店内で、ユーザーがゲームを持ち寄り"狩友(かりとも)"とプレーできる。イベント会場は、東京がパセラリゾーツ上野公園前店、大阪がカラオケ パセラ 天王寺店で、12月7日(日)まで開催する。

10月17日のオープニングセレモニーには、熱狂的な“モンハン”プレーヤーが集結。筆頭リーダーや看板娘といった、ゲーム中のキャラクターの仮装をしたコンパニオンも登場し、オープニングセレモニーを盛り上げた。東京と大阪は動画チャットを通じて会場の模様をそれぞれ通信し、「一狩り行こうぜ!」の掛け声の合図で、プレーヤーたちは"狩り"に興じた。

「リアル集会所」では、店内に設けられた4人席のテーブルでゲームが堪能できる。入店チャージはなくワンドリンク制。平日の混雑時以外は席を移動したりと、いつでも誰とでも通信プレーが可能だ。土日祝は、入店前に「下位」「上位」「G級」「フリー」といった、自分のランクに合わせたプレーヤーを募り、完全2時間制で"狩り"が楽しめる。テーブルには充電タップも完備しているので、思う存分ゲームに没頭したい!

今回の「リアル集会所」のために用意されたコラボメニューにも注目を。“モンハン”おなじみの料理「一狩りいこうぜ!!こんがり肉」(1280円)は、漫画などで見かける骨付き肉をイメージした料理。モンスターをイメージした、「フルフルホワイトカレー」(880円)は白いルーでスパイスが効いたカレーだ。

ゲーム内のアイテムやモンスターをイメージしたカクテルも登場。美しい青が印象的な「雷狼竜 ジンオウガ」(650円)は、パチパチと弾ける綿菓子が添えられており、そのまま食べても、ドリンクに入れても美味しい。口の中で炭酸と綿あめが弾け、楽しくもさわやかな味わいに仕上がっている。

これらのコラボメニューを注文すると、「MH4G」コラボの特製コースターがもらえる。また、東京会場となるパセラリゾーツ上野公園駅前店では、5000円以上注文(レシートの合算可)すると、オリジナルフレームでの写真撮影ができる。グループで盛り上がった後は、皆で思い出の写真撮影を是非!

他にも、イベント期間中は、全国のカラオケパセラ全店で「MH4G」応援企画を実施している。フロントで「MH4G応援セット」と伝えれば、電源タップやACアダプターのレンタル、室内のBGMをゲームの挿入曲に変えてくれるなどのサービスを用意。オンライン通信プレーだけではなく、「リアル集会所」で狩友の輪を広げて、“リアルなモンハン”を楽しもう!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る