名古屋市科学館で青空に輝く星を観察しよう

2009年4月23日 17:27更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

名古屋市科学館では5/3(祝)に、昼間の星を大望遠鏡を使って見る人気イベント「昼間の星をみる会」(観覧料のみ、予約不要、雨天中止)を開催。

理工館天文台にある、鏡の直径が65cmの大望遠鏡なら、肉眼では観察が難しい昼間の星もバッチリ。5月は金星の満ち欠けする様子も見られる。

また、地下鉄が一日乗り放題になる「ドニチエコきっぷ」の、当日利用券を呈示すると、観覧料が1割引きになるという特典も。

キーワード

ページ上部へ戻る