AKB48高橋みなみが大阪・箕面温泉の1日PR大使

2014年11月7日 22:18更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪府箕面市にある温泉宿泊施設「大江戸温泉物語 箕面観光ホテル 箕面温泉スパーガーデン」の新たな名所、「箕面温泉 ゆずるの足湯」が11月7日オープン。その新名所を応援するべく、AKB48の高橋みなみが1日箕面温泉PR大使として登場した。

この足湯は同施設のシンボルでもある巨大エレベーター前にあり、無料で誰もが楽しめる。早速、同じ大江戸温泉物語のサポーターユニットで、AKB48のメンバー大和田南那、向井地美音と共に足湯に浸かった高橋は「冷え症なので気持ち良かった」と満足気な様子。大和田、向井地も「開放的だし、近所にあったら毎日通っちゃいそう」と、PR大使らしく魅力を語った。

また、同施設が誇る150種類(夕食)のメニューを取りそろえたバイキングでは、目玉料理であるローストビーフを試食。「さっぱりとしているので、たくさん食べたくなる。種類の豊富さとこだわり抜いた味が素晴らしい」と高橋は目を細め、しばし至福の時を楽しんでいた。

さらに、同施設となんば・梅田間を結んでいる無料シャトルバスのAKB48ラッピング仕様への直筆サイン、館内にオープンしたAKB48になりきって記念撮影ができるフォトスポットブースのお披露目も行うなど、PR活動に大活躍。

大使としての任務を遂行した高橋は、自らも同施設の魅力を存分に味わったようで、「PR大使なのに、旅行に来たような気分で楽しみました」と、同施設の素直な感想を述べていた。

美肌の湯としても有名な箕面温泉。これから毎年恒例のカウントダウンイベント、箕面ナイアガラの滝と称される全長約20メートルのイルミネーションなど見どころも満載。家族やグループで、到来する冬の癒しに訪れてみては。【関西ウォーカー】

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

特集

ページ上部へ戻る