夜の開国博Y150の目玉、「アースバルーンHOME」に感動!!

2009年4月24日 14:05更新

横浜ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

いよいよ来週4/28(火)に開幕を迎える、横浜開港150周年テーマイベント「開国博Y150」。これまで、「ENEOS ラ・マシン」や「BATON」などさまざまな見どころを紹介してきたが、22:00まで開場している「開国博Y150」の夜の目玉イベントともいえる「アースバルーンHOME」の全貌が判明した。

この「アースバルーンHOME」は、有料会場「Y150トゥモローパーク」にて行われるもので、地上10メートルの高さに浮かぶ直径20メートルの巨大なバルーンを使ったナイトショー。音楽と共に光と映像が映し出され、地球環境の危機と人類の未来へ向けた物語がつづられる。日本人初の女性宇宙飛行士・向井千秋さんが監修した美しい内容は、上映後、観客から自然と拍手が湧き上がるほど感動的。鮮やかで滑らかな映像は必見だ。荒天時を除く毎日夜間に、1日4回、約5分のプログラムが上映される。18:00以降入場できるベイサイドエリア夜間割引入場券(大人¥1200、高校生¥600、小・中学生¥400、65歳以上¥1000)もあるので、ぜひ地球の美しさを再認識して!【横浜ウォーカー】

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る