新店ラッシュの新宿のホルモン専門店がアツい!

2009年4月29日 15:35更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

昭和の街並みを残す「思い出横丁」などが人気の新宿西口エリアでは、飲食の新店が増加中だ。中でも、ボリューム満点でリーズナブルなホルモン専門店が熱い。

「ソウル大門ホルモン 新宿西口店」は、新鮮なミックスホルモンなど約15種のホルモンがなんと2180円(90分制)で食べ放題。1皿目はスタッフが香り付けの焼酎をかけて豪快な炎と共に仕上げてくれる。食べ放題は全28種で、最初にミックスホルモン(3種)と野菜盛りを完食したらあとは自由だ。

毎朝店主が芝浦の市場に出向き仕入れる、新鮮な生モツを用いた串焼きが常時約10種そろうのは「もつ焼き ウッチャン」。人気は豚のレバー170円(1本)。紅ショウガと白味噌をブレンドした特製味噌で味わう。

08年12月には、広島の有名店「ホルモン焼き肉 ぶち」が新宿に進出。毎日入荷する新鮮なホルモンが20種以上味わえる。中でも牛の大腸「シマチョウ」(690円)がオススメ。赤身の肉とは違い、脂が少なくあっさりしてヘルシーだ!

もとは新宿東口が激戦区のホルモン店だったが、いまや西口がメインの戦場。2500円も出せば、お酒と共に十分満足できる。さぁ今宵はホルモン祭りといきましょう!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る