パリで“最高のパン屋賞”受賞のブーランジェリーが上陸!

2015年3月27日 19:56更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

パリで“最高のパン屋賞”を受賞した、話題のブーランジェリー、Maison Landemaine Tokyo(メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー)が、日本に初上陸!世界展開第1店舗目として、3月30日(月)、東京・港区にオープンする。

メゾン・ランドゥメンヌは、パン職人で実業家の石川芳美氏と、同じく実業家でパティシエとして活躍するロドルフ・ランドゥメンヌ氏が 、2006年にパリでスタートしたブーランジェリー・パティスリー。

オープン以来、毎年1店舗ずつ出店を増やし、現在はパリ市内に8店舗を展開。季節感を大切にしたコンセプトと品質の良さに定評があり、2011年には、パリのグルメガイド「ピュドロ」で、ブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー パリ(パリ最高パン屋賞)を受賞。また、2013年仏フィガロ誌では“パリで最も美味しいクロワッサン”第3位に選ばれた。

そんな同店のこだわりは、「100%手作り」「昔ながらの伝統的な商品と技術の継承」。自家製天然酵母を使用し、低温長時間発酵でゆっくりと熟成させた、小麦の香り豊かな味わいが特徴のパンを提供している。

注目は、本場パリの店では1日1店舗で2000本から2500本を販売するという看板商品「バゲット」(税抜180円)。水分を多く含み、しっとりとした生地に仕上がっている。

石川氏は「かなり安価な設定なんですが、チャレンジしたいと思い、この価格にしました」と、価格設定について説明。「欧州ではバゲットは主食として毎日何度も食べるものなので、高く売るのには抵抗があったんです。この価格で成功するか分かりませんが、来年の今頃は、皆さんから知られたお店になっていれば」と、意気込みを語る。

また、「クロワッサン・国産バター」(税抜250円)と、「クロワッサン・フランスバター」(税抜480円)も、是非手に入れたい商品だ。特に後者は、フランスの厳選されたバターを使い、職人が1つ1つ何層にも手織りした生地がポイントで、口溶けが良く、香り豊か。「クロワッサン・国産バター」と食べ比べてみるのもおすすめだ。

ちなみに、今回オープンする東京店では初めて、シェフを置いたレストランも展開。「食事のシーンでパンを楽しんでいただければ。いわゆるカジュアルフレンチをお出ししてます」と石川氏はアピールしていた。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る