進化系マシュマロ「ギモーブ」のショップ&カフェがOPEN!

2009年5月11日 9:56更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡の老舗和菓子処・石村萬盛堂は福岡市・薬院に新感覚マシュマロ”ギモーブ”の専門店「CHOUWARI(シュワリ)」と和菓子の「萬年家(はねや)」を4月30日にオープンした。

1階「CHOUWARI」は、09年1月岩田屋の地下に1号店がオープン。たちまちブームとなり、いまだに人気は衰えないが、今回の2号店は初のイートインスペースも備える。店内では看板商品のギモーブ(231円)を1個から販売。「ギモーブ」とはフランス語で、石村萬盛堂では進化したマシュマロのことを呼ぶ。「チーズ&バジル」や「トマト&トマト」「ピスタチオ」など味もイロイロ。ふわふわ食感のマシュマロの中に、トロ〜っとしたソースやクリームが入り、コーヒーや紅茶、ワインにもピッタリだ。また、浄水通り店では、フォンデュ感覚で、フルーツをトロトロギモーヴにつけて食べる「フリュイ フォンデュ(500円)」や、ギモーヴをチョコクリームにつけて食べる「ショコラ フォンデュ(500円)」も初登場!新しいマシュマロの楽しみ方を提案する。また、同じく1階すぐ隣りの「萬年家」では、「那乃香」や「がめの葉麩餅(473円)」などを販売。

さらに、2階にはカフェ「アンブラッセ」が同時オープン。焼き菓子などがテイクアウトできるほか、イートインで野菜をたっぷり使ったヘルシーランチやこだわりの紅茶なども楽しめる。

超新感覚「ギモーヴフォンデュ」や「ベジランチ」など話題のフードを味わいにぜひ足を運んでみて。

【九州ウォーカー/中澤ともこ】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る