スター・ウォーズのR2-D2が“銀河最小サイズ”で登場!

2015年6月17日 10:25更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

タカラトミーは、極小サイズの赤外線コントロールロボット「スター・ウォーズ ナノドロイドR2-D2」(希望小売価格・税抜3800円)を、8月8日(土)から、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、同社公式ショッピングサイト、タカラトミーモールなどにて発売する。

“R2-D2”は、今年12月18日(金)公開予定の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を含むシリーズ7作すべてに登場するドロイド(ロボット)だ。

今回発売される「ナノドロイドR2-D2」は、全高わずか30mm。場所を選ばず、デスクの上など狭いスペースでも充分に動かして遊べる。

極小ながら細部の造形までこだわり、コンロトーラーがライトセーバー型になっているのが嬉しい。

コントローラーで前進、バックターンをコントロールでき、走行時には“R2-D2”の特徴的な動作である“首振り”を再現。

コントローラーからは“R2-D2”の声ともいえる6種類の電子音がランダムに流れる。

“スター・ウォーズ”ファンなら絶対ゲットしたい、小さくても本格派のロボットだ。

このほかにもミニカーなど“スター・ウォーズ”関連の商品が続々登場するのでチェックしてみて。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る