きゃー! みなとみらいに幽霊船が出現!

2008年9月11日 18:24更新

横浜ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

世界各地で目撃されてきたという幽霊船「フライング・ダッチマン号」が、みなとみらい線みなとみらい駅3番出口を出たところにある空き地に出現! その正体は…ドイツ生まれのフロリアン・クラールによる巨大彫刻でした。ご安心を。

この幽霊船の展示は、9/13(土)〜11/30(日)まで行われる世界的なアートの祭典「横浜トリエンナーレ2008」の関連イベント。9/12(金)〜15(祝)の4日間限定で公開される。

フライング・ダッチマンとは、「さまよえるオランダ人」という意味。その説話とは…"「引き返せ」という神の警告を無視して遭難してしまったオランダの船は、その罰としてオランダ人船長ひとりを残し、幽霊船となっていまだに海をさまよい続けている。その呪いを解く唯一の方法は、7年に一度陸に上がったときに、彼に永遠の愛をささげる女性と出会うこと…"。怖いようでいてなんともロマンティックなこの説話にインスピレートされたフロリアン、どんな幽霊船を出現させてくれるか。

期間中の18:00〜はライトアップもされてまさに幽霊船そのもの。期間の前後には、組み立て、取り崩しの様子も見られる。3連休、みなとみらいにお出かけするならぜひ見に行ってみて!【横浜ウォーカー/堀由紀子】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る