【連載「ポッター平井の激推しアイドル! 」番外編】 門脇佳奈子が笑顔で卒業発表! NMB48 結成5周年記念ライブ3Daysレポート!

2015年11月12日 14:03更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2015年10月9日で結成5周年を迎えたNMB48の「NMB48 5th Anniversary LIVE」が、10月20日~22日の3日間、大阪城ホールで開催されました。そこで今回は、合計3万人を動員したライブの模様をまとめてレポート!

●1日目 → 岸野里香ダイエット大成功!小笠原茉由も登場!

17:21、前座として小谷里歩の独演会がスタート。18:00開演のため、まだ埋まっていない客席を見渡し、「(卒業を発表して)最後の独演会やのに、こんな不安な感じで…」と、早速笑いを取る小谷。約10分間のトークの後、岸野里香を呼び込みます。

岸野は9月からダイエットに挑んでおり、スタート時の体重53.5kgから47kg以下への減量に成功すると、渡辺美優紀・吉田朱里・上西恵の人気ナンバー『ジッパー』を、渡辺美優紀に代わってセンターで披露。失敗すると、水着姿で『ナギイチ』を披露するという企画。「こんなところで体重測る?」と、とまどいながらも体重計に乗る岸野。その数値はファンには隠され、小谷が確認、カメラマンが証拠写真を撮影。結果はライブ本編でのお楽しみとなりました。

18:02開演。日本舞踊(植田碧麗・中野麗来)、琴の演奏(内木志)に続いて、書道に挑戦したのは渡辺美優紀。特大の筆で「変」と書き上げます。これはデビュー曲『絶滅黒髪少女』のMVに倣ったもの。更に和太鼓(門脇佳奈子・山口夕輝ら8人)のパフォーマンスから、『絶滅黒髪少女/HA!/カモネギックス(5周年Special Ver.)』へ。『絶滅~』の間奏では殺陣(山本彩・白間美瑠ら5人)も繰り広げられるなど、「和」をテーマにしたという絢爛豪華なオープニングで幕を開けました。

山本彩・岸野里香・小谷里歩・山口夕輝・小笠原茉由の1期生5人による非公式ユニット「俺ら」の初オリジナル曲『俺らとは』も初披露! AKB48に移籍した小笠原もサプライズで登場し、会場に詰め掛けた1万人のファンは大興奮!

そしていよいよ岸野のダイエット結果発表。流れてきたイントロは…『ジッパー』! ウエストのくびれもハッキリとわかる、露出度の高いセクシーな衣装で歌い終わった後、吉田・上西と抱き合い、喜びを分かち合う岸野。ヴィジョンに映し出された体重計の写真には、<46.45kg>の測定値が。里香ちゃん、おめでとう!

ライブの終盤では、山本彩・山田菜々のユニット曲『友達』を、この日限りの小谷里歩・小笠原茉由のスペシャルユニットで披露! 離れていても育み続けている友情。小笠原の瞳から、キラリと光るものがこぼれ落ちていました。

●2日目 → 木下百花プレゼンツ「百合劇場」!須藤凜々花ブルマで熱唱!

17:30、この日の前座は、日下このみ独演会。ボックストーク形式で「去年の今頃」、「やってしまった話」など、8つのテーマで、開演直前まで約30分間しゃべり続けました。

18:01、NMB48の鬼才、木下百花の脚本・演出による舞台「百合劇場」でスタートする意表を突くオープニング! メンバーだけで結成されたバンド演奏による『パンキッシュ』や、『わがままな流れ星』(山尾梨奈・市川美織)、『てもでもの涙』(矢倉楓子・西村愛華)など、約20曲の人気ナンバーを散りばめながら展開される複雑な恋愛物語は見どころ満載! 1万人のファンは、元恋人同士を演じた山本彩・渡辺美優紀のラブシーンに熱狂! 恋のキューピッド役を演じ、『ガラスのI love you』を披露したドラフト2期生、本郷柚巴・西仲七海の「ゆずなな」コンビのキュートすぎる魅力にメロメロです。神様役の川上礼奈、ストーリーテラーを務めた三田麻央など、各メンバーのキャラを生かし、60分超の大作をまとめあげた木下百花監督の采配はお見事でした。

ライブの後半では、山本彩・薮下柊・川上千尋・木下春奈の阪神タイガースファンのメンバーが『六甲おろし』、須藤凜々花がブルマ姿でセンター曲の『ドリアン少年』を披露。アンコールのラスト曲『青春のラップタイム』が終わり、メンバーが次々とハケていく中、最後に残った木下百花は「全員オレが抱いてやるよ!」と、男前なセリフでステージを去っていきました。

●3日目 → 渋谷凪咲ピアノ弾き語りに挑戦! 門脇佳奈子卒業発表!

17:15、前座はゲストに川畑泰史、とにかく明るい安村、トレンディエンジェル・たかしを迎えて、須藤凜々花の麻雀! TBSチャンネルで自らの麻雀番組を持つ"卓上の女豹"須藤ですが、タイムアップでドローという結果に。

18:00、最終日は『イビサガール』『情熱ハイウェイ』『場当たりGO!』『青春のラップタイム』でスタートする、スタンダードな形で開演。「最初の4曲は、5周年ということで、曲中に<GO!>が入っている曲でした~!」と、磯佳奈江が隠された秘密を明かす。1期生(14人)、2期生(11人)、3期生(10人)、4期生(10人)、移籍組(3人)、ドラフト生+植村梓(12人)それぞれの思い出深い曲や、チームごとの曲披露の後、渋谷凪咲がピアノの弾き語りに初挑戦! 初めてセンターを務めた大切な曲『君と出会って僕は出会った』を弾き始めるも、極度の緊張のせいか上手く弾けず、仕切り直すこと数回。静かに聴き入るはずだった1万人のファンは、「なぎちゃん、頑張って!」という思いを込めて、大合唱!この時、会場を包んだ一体感は感動的でした。その後、自らのツイッターなどでリベンジを誓った彼女。今度は持ち前の笑顔を弾けさせてくれるでしょう。

そしてアンコール3曲目。木下春奈と門脇佳奈子のユニット曲『なんでやねん、アイドル』の途中で音楽が止まり、「門脇佳奈子はNMB48を卒業します! 日本一のバラエティタレントになります!」と、衝撃の卒業発表。相方の木下春奈をはじめ、涙を流しながらパフォーマンスするメンバーたち。歌唱後もずっと笑顔で卒業理由を語っていた門脇も、ファンの「佳奈子」コールに涙。「本当にNMB48は最高だなって思いました! 」と、最後は再び笑顔で語った門脇。既に卒業を発表した小谷里歩と同様、現時点で卒業時期は未定ですが、1期生の卒業は特に淋しさが募ります。

多彩なセットリストと演出でファンを魅了し続けたNMB48の5周年記念ライブは、こうして幕を下ろしました。ニューシングル『Must be now』では、少数精鋭9人のダンス選抜メンバーという新たな試みにも挑んだNMB48。

「これからも止まることなく、みんなで力を合わせて、走り続けていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします!」(山本彩)。

【取材・文=ポッター平井】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る