クルマで入場できる!東京ドイツ村の幻想的イルミ

2015年11月16日 20:23更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京ドイツ村のイルミネーションは、クルマで楽しめるイルミネーションとして有名で、その規模は南房総最大級となっている。

園内にはクルマで入ることができ、そのまま車内からイルミネーションを観ることが可能。クルマに乗ったまま眺めるイルミネーションは、日常から離れて幻想的な世界に迷い込んだような感覚にさせてくれるはずだ。

同イルミネーションは今年で10回目を迎える人気イベントで、毎年テーマを決めてオブジェなどを設置しているので、昨年と同じものはほとんどなく、初めて訪れる人はもちろん、リピーターも楽しめる内容となっている。今年は「おもちゃ箱」をテーマに、電飾を約50万球追加し、約250万個のLEDでイルミネーションを構成。幻想的で美しく、楽しい世界を車窓から味わえる。

もちろん、クルマがなくとも入園できたり、クルマで入園して園内各所にある駐車場に車を停めて、歩いてじっくり観賞することも可能。入園料は15:00からはイルミネーション料金となり、乗用車1台で2000円。最大乗車人数まで一律の金額だ。クルマ以外で入園する場合は1人500円で、3歳以下は無料になる。

同イベントは、2016年3月31日(木)まで。期間中は毎日16:00から20:00まで開催される(1月下旬以降は日没点灯に変更)。大切な人を誘って、冬だけの特別な輝きを放つ東京ドイツ村を訪れてみてはどうだろう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る