名古屋初上陸!のコールド・ストーン・クリーマリーは全国初の百貨店型!?

2008年9月13日 8:32更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

アメリカで1400店舗以上を展開する人気のアイスクリームショップが9/12、いよいよ名古屋に上陸した。このショップ、東海エリアでは三重のジャズドリーム長島と岐阜の土岐プレミアムアウトレットにあるのだが、いずれも休日には行列ができる大盛況っぷり。オーダー後にマイナス9℃に冷やした石の上で、アイスクリームとナッツやフルーツなどを混ぜ合わせるスタイルで、人気爆発中なのだ。

そんなコールド・ストーン・クリーマリーが名古屋初の店舗に選んだのは、名鉄百貨店の地下。広報によると「百貨店には全国初出店になります」とのことだが、多彩な食品がわんさか並ぶいわゆる“デパチカ”への進出は興味深い。取材中にもショップの前を通りかかる通行人の年齢層は様々。主要ダーゲットであるF1層(20〜34歳の女性)だけではなく、幅広い層へのアピールもブレイクの鍵を握りそうだ。コールド・ストーン・クリーマリーといえば、Gotta Have It (一番大きなサイズ)の注文時などにクルーと呼ばれるスタッフが陽気な歌を歌うサービスも特徴のひとつ。名古屋の玄関口である名駅のデパ地下に響く歌声が、主婦やサラリーマンの心をつかむかも!? 【東海ウォーカー/末次】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る