川崎でハワイ気分!?新スタイルのカスタマイズ賃貸

2016年2月9日 18:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

不動産・住宅情報サイト「HOME’S」が、「カスタマイズ賃貸に住もう!~自分らしい新生活キャンペーン~」を実施。2月9日(火)~23日(火)の第1弾は、まるでハワイにいる気分になれるよう部屋をアレンジ&リフォームし、インテリアや家具などもそのままの状態で部屋を借りられるキャンペーンだ。

ハワイのリゾートホテルのような部屋にアレンジ ※サーフボードを除く

ハワイのリゾートホテルのような部屋にアレンジ ※サーフボードを除く

すべての画像を見る(5件)

賃貸物件に新時代到来!

ハワイ風の部屋があるのは、川崎市の東急田園都市線宮崎台駅で、家賃は間取り2DKで10万5000円。

「通常、部屋を借りる時は、立地、家賃、間取りなどで選ぶのが一般的で、部屋を借りてから自分好みに変えていきます。ただ、賃貸物件なので『壁を自由に使えない』『色を変えられない』など、何かと不便な面があります。今回のように1つのテーマに沿って作られた物件であれば、自分の趣味で選べるし、大家さんの協力があれば好みに合わせてカスタマイズもできる。そんな賃貸での住まい方を提案する目的で企画しました。また、一般の大家さんにも『カスタマイズ賃貸』の認知が広がるきっかけになればいいですね」(ネクスト HOME’S事業本部・篠島浩平さん)。

従来のスタイルとは異なり、入居者の趣味や好きなもので統一された「コンセプト賃貸」や、入居者が部屋にアレンジを加えられる「カスタマイズ賃貸」など、住まいの選択肢が確実に広がっている。

【写真を見る】ヘザー・ブラウンの版画などで、ハワイでの暮らしをイメージ

【写真を見る】ヘザー・ブラウンの版画などで、ハワイでの暮らしをイメージ

今回の部屋は、エイ出版社のハワイ専門情報誌「ハワイスタイル」が監修。自由な発想で空間作りに定評のある「カリフォルニア工務店」の設計、施工で行われた。リゾート&ビーチをテーマに、壁は無垢材を使用し白を基調とした清潔感のある空間に、ブラインドには木の小物を入れてリゾート感を演出。シーリングライトなどの家具で、ハワイの暮らしをイメージできる部屋に仕上がっている。

「部屋にはハワイ在住のアーティスト、ヘザー・ブラウンのジクレー版画を飾っています。ハワイ好きなら知らない人はいないほどの人気アーティストで、代官山にギャラリーがあります。女性がサーフィンをする様子を描き、色の使い方やタッチが独特です」(エイ出版社・荻原亮史さん)。

シーリングライトなど家具はそのままの状態で借りられる

シーリングライトなど家具はそのままの状態で借りられる

部屋を借りたあとも大家さんと相談しながら、壁の色の変更や希望の場所に棚を付けるなど、さらなるカスタマイズも可能だ。大家の越水さんは、部屋のアレンジやデザインをする仕事に携わっているので、気軽に相談できる。

「この街は公園が多くて、イヌの散歩をしている人が多い。スーパーも多いので、住みやすいと思いますよ」(大家の越水隆裕さん)。

今後、第1弾のハワイの部屋に続き、第2弾は「虹のコンキスタドール監修 飾る、眺める、いつでも一緒 究極のアイドルオタク部屋」、第3弾は「料理が中心の生活 作る!食べる!をシェアできる 一手間かけた生活を楽しむ」のキャンペーンも行われるので、自分の好みに合った部屋を決めて応募してみよう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る