中田英寿がファッションブランドを初プロデュース

2016年3月15日 7:45更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

元サッカー日本代表の中田英寿氏が、ファッションブランドを初プロデュースすることとなり、3月14日(月)に東京・六本木ヒルズの大屋根プラザにてファッションショーが開催。ゲストにダレノガレ明美、ショーモデルに栗原類が登場し会場を賑わせた。

ファッションブランドを初プロデュースする中田英寿氏「自分がまず着たいもの、それが出発点」

ファッションブランドを初プロデュースする中田英寿氏「自分がまず着たいもの、それが出発点」

すべての画像を見る(5件)

今回、中田氏が手掛けるファッションブランド「AXE BLACK LABEL」は、ユニリーバ・ジャパンの男性用スキンケアブランド「AXE」の新商品「AXE BLACK」の発売を記念した限定企画。デザイナーには海外からも高い評価を受けるメンズファッションブランド「N.ハリウッド」の尾花大輔氏を迎え、全8型のブラックシャツを展開する。

デザイナーの尾花大輔氏(左)、中田英寿氏(中央)、ダレノガレ明美(右)がブラックコーデで登場

デザイナーの尾花大輔氏(左)、中田英寿氏(中央)、ダレノガレ明美(右)がブラックコーデで登場

中田氏は「ファッションが非常に好きで、好きすぎるので(プロデュースなどには)これまで関わりたくなかったんです。でも、今回はスペシャルオーダーというかたちなので、尾花さんの顔がすぐに思い浮かんで電話しました」と経緯を説明。「自分がまず着たいもの、それが出発点。全部、自分のことを考えながら作ったものなので、よりこだわりは強いです。自分のこだわりがあったほうが楽しめるし、そうでないといいものは作れないと思います」とデザインへの想いを語った中田氏は、8つのデザインのうち「PUTTY」という襟のないシャツが一番最初に作られたエピソードを明かし、イベントにもこのシャツを着用して登場した。

【写真を見る】中田英寿氏からプレゼントされたメンズシャツに着替えるダレノガレ明美

【写真を見る】中田英寿氏からプレゼントされたメンズシャツに着替えるダレノガレ明美

トークイベントでは、全身黒のコーディネートで現れたゲストのダレノガレが「女性が羽織ってもいい感じ」と並んだシャツを手に取る場面も。中田氏がダレノガレに似合うシャツを選び、「ホワイトデーなので」とサプライズでそのシャツをプレゼントすると、ダレノガレは「サプライズなんて嬉しい!こういう人がモテるんですよね」と笑顔でシャツを着こなしていた。「バレンタインデーに(チョコを)あげてないのにすみません」と話すダレノガレに、中田氏も「大丈夫。来年待ってますから(笑)」と笑顔で応じるなど、なごやかなトークが展開。ダレノガレはイベント後の会見で「初めてお会いした中田さんは、オーラがすごくて。キラキラしているんです。男性でキラキラしている人ってめったにいなくて、本当にすごい」と振り返った。

「AXE BLACK LABEL」のシャツは14日から特設サイトで予約販売を開始。また、15日(火)から21日(月)まで、大屋根プラザにて期間限定のポップアップストアをオープンし、アイテムの展示や受注受付を行う。オンライン、店舗共に数量限定の予約販売となるため、気になるアイテムはすぐにチェックしたい。【東京ウォーカー】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る