稲城長沼にガンダム&シャア専用ザクが降臨!

2016年4月20日 19:39更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

4月23日(土)、JR南武線稲城長沼駅の高架下に、「メカニックデザイナー大河原邦男プロジェクト※」の一環として、稲城市の特産品や魅力、観光情報を市内外に向けて発信する新しいランドマーク「いなぎ発信基地ペアテラス」が開業する。

モニュメント周りのシャッターボックスを大河原邦男氏がデザイン

モニュメント周りのシャッターボックスを大河原邦男氏がデザイン
©創通・サンライズ

すべての画像を見る(6件)

オープニングイベントとして、「ガンダム・シャア専用ザク」の大型モニュメントの除幕式や、数々のロボットデザインを手がけた大河原邦男氏(メカニックデザイナー)、古谷徹氏(声優 アムロ・レイ役)、池田秀一氏(声優 シャア・アズナブル役)のトークセッションが開催される。

メカニックデザイナー大河原邦男氏

メカニックデザイナー大河原邦男氏

声優 古谷徹氏(アムロ・レイ役)

声優 古谷徹氏(アムロ・レイ役)

声優 池田秀一氏(シャア・アズナブル役)

声優 池田秀一氏(シャア・アズナブル役)

大河原氏が監修した「RX-78-2ガンダム」「MS-06Sシャア専用ザク」(約3.6メートル)のモニュメントをバックに、ガンダムとザクのパイロットたちの愛機に対する熱い思いを聞ける、またとないチャンス。ガンダム・シャア専用ザクの除幕式とトークセッションは、ガンダムファンなら絶対に見逃せないイベント。そして今後、稲城がお台場同様にガンダムの聖地になること間違いなし!【東京ウォーカー】

※「メカニックデザイナー大河原邦男プロジェクト」=稲城市は、大河原氏の出身地ということで、大河原邦男氏デザインを感じさせる作品を稲城市内に設置することや、メカデザイナーズサミットの開催などにより、子供や家族にとって魅力的な街づくりを行い、生き生きとした街を目指すプロジェクトを進行している。

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る