9年連続の快挙!カモの赤ちゃんに会えるホテル

2016年5月11日 20:00更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

札幌市の中心地にあり、時計台に隣接する札幌グランドホテル(札幌市中央区)の4階屋上庭園で、5月9日にマガモのひな11羽の誕生が確認され、ゲストたちの目を楽しませている。

同ホテルの庭園には、毎年この時期にマガモが飛来しており、ひなが誕生したのは今年で9年連続の快挙となる。

5月9日の午前9時に発見されたひなたちの、親ガモの後ろを懸命について歩く姿は可憐そのもの。おぼつかない足取りながら、泳いだり、歩き回ったり、段差を飛び下りたりと、元気いっぱいな姿を披露しているとか。その様子は隣接する日本料理レストラン「ガーデンダイニング環樂(わらく)」や、窓越しから見る事が可能だ。

マガモの親子は、例年8月下旬頃までホテルに滞在し、旅立って行く。1966年北海道初の屋上庭園として誕生した純日本風庭園で、マガモの親子と共に、北海道の春・夏の風情を楽しもう。【北海道ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る