TDSの人気アトラクションに「ファインディング・ドリー」のキャラが新登場

2016年7月23日 19:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京ディズニーシーのアトラクション「タートル・トーク」に、ディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ドリー」のキャラクターが、2017年春から新たに登場することが決まった。

おしゃべりが大好きな「ドリー」

おしゃべりが大好きな「ドリー」
(C)Disney / Pixar

すべての画像を見る(5件)

「タートル・トーク」は、2003年に公開されたディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ニモ」を題材として、陽気なウミガメである「クラッシュ」と会話ができるシアタータイプのアトラクション。今回は2009年10月のアトラクション開始以来、初めてのキャラクター追加となる。

新登場するのは、「ファインディング・ニモ」の続編で、7月16日から公開中の「ファインディング・ドリー」より、おしゃべりが大好きな「ドリー」やクラッシュの息子「スクワート」、ジンベエザメの「デスティニー」、タコの「ハンク」ら。個性豊かなキャラクターの登場で、アトラクションに更なる楽しみが増えそうだ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る