美女たちが情熱的にダンス!浅草サンバ2016

2016年8月27日 22:13更新

東京ウォーカー(全国版) Raira

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8月27日(土)、あいにくの雨のなか、夏の風物詩「浅草サンバカーニバル」が東京・台東区の雷門周辺で開催。35回目となる今回は24団体、約5000人がパレードに参加し、きらびやかな踊り子たちによって情熱的なダンスが披露された。

「第35回 浅草サンバカーニバル」が開催!

すべての画像を見る(5件)

全国からサンバチームが集まり、ダンスを競う同イベント。地元浅草からの出場チームが中心となる「コミュニケーションリーグ」、協賛企業がエントリーする「テーマ・サンバリーグ」、実行委員会が認定した大型チーム「S1リーグ」、ダンスと演奏で競う「S2リーグ」の4部門で構成されている。

同日は、ロボットレストランによるド派手なサンバチームを皮切りに、個性豊かな衣装を着たダンサーらが続々と登場。馬道通りをスタートして、東京スカイツリーや雷門を背景に、約800mのコースを練り歩いた。ちなみに雨模様ではあったが、毎年50万人の客で賑わう同イベントは今年も大盛況。多くの人がレインコートなどを着用して、イベントを楽しんでいた。【ウォーカープラス編集部/Raira】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る