忍術披露も!京都に誕生した“忍者レストラン”って?

2009年9月6日 13:23更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京・赤坂とニューヨーク・マンハッタンで大人気のテーマレストランが、9/1、関西に初登場した。そのテーマとは…“忍者”だ。

「NINJA KYOTO RESTAURANT & LABYRINTH」は、B1に「Restaurant NINJA」が、そして1Fにはテイクアウトブースも備える甘味処や迷路アトラクション、ショップが入ったエンターテインメントあふれる空間だ。

「Restaurant NINJA」は石造りの壁や鉄格子などを配し、戦国時代の忍者屋敷をイメージ。和・洋・中をはじめさまざまなジャンルの料理が楽しめる。しかも食事をしていると、全身黒ずくめの忍者がテーブルに出現。目の前で、テーブルマジックならぬ“御前忍術”を披露してくれるといううれしいサービス付きだ。

また甘味処「SWEETS of NINJA」にはテイクアウトブースもあり、竹炭を使った真っ黒な「忍者クレープ」(280〜480円)は、なんと50種類もそろっている。ほか、指令のナゾを解きながら出口を目指す「忍者迷路」(懐中灯レンタル300円)や、忍者や戦国武将グッズを扱うショップも楽しみたい。

古都の魅力あふれる町“京都”に誕生した新名所に、ぜひ遊びに行こう。【詳細は関西ウォーカー9/1発売号に掲載】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る