ミュージカル「ウェストサイド物語」のカクテルが期間限定で登場!

2009年9月17日 11:45更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

9月21日(祝)から上演が始まるミュージカル「ウェストサイド物語」。1950年代後半のニューヨークを舞台に、2つのギャング団の抗争に巻き込まれていく男女の悲劇的な愛を、エネルギッシュなダンスと、軽快な音楽とともに描いた青春ミュージカルの決定版。1974年の初演以来、これまでに1200回以上の公演を誇る劇団四季の代表作のひとつで、今回、福岡シティ劇場(キャナルシティ博多)に初登場となる。

その上演を記念して、グランド・ハイアット・福岡にある「バー フィズ」では、名シーンからイメージした3種類のオリジナルカクテルを期間限定で提供する。体育館で行われるダンスパーティのシーンをモチーフにした「マンボ」は、ラムベースにマンゴジュースと赤ワインを入れ、ミントの香りをプラスした甘く、濃厚な味わい。不良グループの女たちがアメリカを称え歌いあげる場面からイメージした「アメリカ」は、ウィスキーのジャックダニエルに、サザンカンフォート(リキュール)、クランベリーをブレンドし、情熱的な赤色に仕上げ、力強いながらもフルーティーな口当たりが特徴だ。そして、ウェストサイド物語のなかで最も印象的な曲である「トゥナイト」と同じ名前をつけたカクテルは、コーラをベースに、グレープフルーツジュースとバラのシロップを入れ、バラの花びらを添えたキュートな一杯。ノンアルコールなので、お酒が飲めない人にもおススメだ。料金はどれも1600円だが、チケットの半券を持参すれば300円割引とかなりお得になる。

上質なミュージカルをたっぷり楽しんだあとは、見た目にも美しいカクテル片手に、芝居の余韻に浸り、ゆったりとしたオトナの時間を過ごしませんか。

【福岡ウォーカー/飯尾 賢】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る