海外から福岡に!2016年オープンの上陸系グルメ5選

2016年12月19日 21:00更新

九州ウォーカー 鶴田知子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2016年も福岡にたくさんの新店が誕生。なかでも注目なのが、海外に本店をもつ有名店の進出!今回、オープン時に行列ができ話題となった5店舗を厳選紹介する。

WOLFGANG'S STEAKHOUSE BY WOLFGANG ZWIENER 福岡店

「WOLFGANG'S STEAKHOUSE BY WOLFGANG ZWIENER(ウルフギャング ステーキハウス バイ ウルフギャング ズウィナー) 福岡店」のプライムステーキ(2人用1万7280円)

すべての画像を見る(5件)

世界中の食通をうならすNYの人気店で3月に九州初上陸。オープン時は3000件もの予約が殺到したという超話題の店。「プライムステーキ」(2人用1万7280円)は、米国最高級品質のプライムビーフを28日間ドライエイジングし、澄ましバターをひいた皿ごと900℃のオーブンで焼き上げた看板メニュー。表面はサクッとしているのに、中は驚くほど柔らかく、そのおいしさは、食べた人を虜にする。

クア・アイナ 福岡ソラリアプラザ店

【写真を見る】「クア・アイナ 福岡ソラリアプラザ店」の厚切りチェダーアボカドバーガー(1256円、ランチセット1473円・フレンチフライ&ドリンク付)

4月にオープンしたハワイ発のハンバーガーショップ。溶岩石を敷き詰めたグリルで焼く100%ビーフのパティが人気の「厚切りチェダーアボカドバーガー」(1256円、ランチセット1473円・フレンチフライ&ドリンク付)は、肉感たっぷりでジューシー!アボカドは専用の室で熟成させている。ランチタイムが17時までなのもうれしい。

bills 福岡

「bills 福岡」のリコッタパンケーキw/フレッシュバナナ、ハニーコームバター(1512円)

7月に西中洲の水上公園にオープンしたオーストラリア発のオールデイカジュアルダイニング。“世界一の朝食”と称される人気メニュー「リコッタパンケーキw/フレッシュバナナ、ハニーコームバター」(1512円)は、自家製のリコッタチーズと、ふわふわ生地のパンケーキ、甘じょっぱいハニーコームバターがヤミツキになる。他にも、世界各地の食文化からヒントを得た料理とドリンクを楽しめる。

春水堂

「春水堂」のタピオカフルーツ豆花(756円)

台湾で人気のタピオカミルクティー発祥の店。“お茶マイスター”が作るドリンクは約30種あり、名物「タピオカミルクティー」(540円)は、今の季節ならホットもおすすめ。豆乳を使ったヘルシーなスイーツ「タピオカフルーツ豆花」(756円)は、タピオカのもちもち食感と、ジャスミンティーを隠し味に加えたほのかな甘味の特製シロップとのハーモニーがクセになる一品。他にも、牛肉麺などのグルメメニューもあり、ランチタイムにはお得なセットも。

ダンシングクラブ福岡

「ダンシングクラブ福岡」のクラブバッグ(2、3人前6500円)

シーフード料理をテーブルの上に広げ、手づかみで食べるアメリカ・ルイジアナ州のスタイルを取り入れたシンガポール発のエンターテインメント・レストラン。カニ、イカ、エビ、イイダコ、ムール貝などがセットとなったクラブバッグ(2、3人前6500円)は、マイルド・辛口・超辛口が選べるトマトベースのスパイシーなシグニチャーソースが絶品!他にも、サラダやポテトなどのサイドメニューも充実している。

海外旅行の時に、外せなかった人気のグルメスポット、現地でしか食べられなかったあの味を福岡で堪能しよう!【福岡ウォーカー編集部/鶴田知子】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る